初めてのポジャギ ”花針山”
e0151851_14472367.gif

最近、毎日のように見ているTV番組の一つが NHK 「おしゃれ工房」 です。
橋を架ける頑張り屋さん、アメリカンケーキ教室の先生、そして父親・・・
私の周りには ”ものづくりの世界” で試行錯誤しながら頑張る人たちがいるので、
いつも尊敬の念と憧れを感じています。

慶州の国立博物館や仁寺洞、書籍などで見かけた、繊細で華やかで可愛らしい
”美しい手仕事の世界” の片隅を少しだけ覗いてみたくなりました。
週末に訪れた ”ポジャギ” の作品展で ”花針山” のキット、針と糸を購入すると
もっとも基礎的な縫い方 「巻きかがり」 を教えて下さいました。

電車の中から待ち遠しく、家までの道程をとても長く感じたのは久しぶりです。
キットには 10色の韓国伝統の麻 (苧麻・からむし) の小さな布が入っていて、
1つの花針山に必要な 15枚の布を自由に組み合わせることができます。
何となくイメージはできるものの、色の組み合わせからして難しい・・・。

「明日の朝から縫い始めよう・・・。」 そう思ってベッドに入ったものの眠れない!
結局、夜明け前になって初めてのポジャギ ”花針山” が完成しました。


POJAGI とは ~POJAGI工房 koe

韓国語でポジャギとは、ものを包んだり覆ったりするときに使われる布のことです。
漢字では「褓」と書きますが、古い文献には同音の「福」という字がポジャギの意味で
使われているものもあります。背景には、一針一針丁寧に心を込めて作ったポジャギ
でものを包むのは、同時に福を包み込み福を呼ぶとされた民間信仰がありました。
また小さなはぎれを無数につないでいく行為は、長寿を願うという意味にもつながって
いたといいます。ポジャギは、使用した階級によって「宮褓」(宮廷で使われたもの)
と「民褓」に分けられ、さらに民褓は作り方によって大きく次の3つに分けられます。

 ◆繍褓-絹に花・樹木・吉兆とされる動物の華やかな刺繍を施したポジャギで、
       主に婚礼などの吉事に使用
 ◆チョガッポ-ハンボク(韓服)と呼ばれる伝統衣装を作って残った、はぎれなど
          を接ぎ合せて再び一枚の布に再利用したもの
 ◆食紙褓-油紙で作るものでお膳の食器の上にかけ、ほこりを防ぐ用度に使用
[PR]
by hi_nana3 | 2009-02-05 14:45 | ∵ ラブ 手仕事
<< 私の中の笑ってしまう ”贅沢” 甘美な ”梅むぎ焼酎” >>



始まりは、         HomeStay@慶州     今では韓国旅に夢中です♪♪
by nana
Profile
・趣味
  料理、旅行
・渡韓歴 
  05’秋~11’秋まで
  計9回
     
 *。.:* 今日も *:.。*
  遊びに来てくれて
     ありがとう!





ソウルの旅行情報

ブログパーツ
カテゴリ
全体
■ ご挨拶
■ Homestay 1日目
├ 2日目
├ 3日目
├ 4日目
├ 5日目
├ 6日目
├ 7日目
├ 8日目
├ 帰国したその後
└ Homestay Korea
★BlogKorea!Camp!
★Jeju Supporters!
■11’ 秋の旅
■11’ 新春の旅
■10’ 秋の旅
■10’ 初夏の旅
■09’ 秋の旅
■09’ 春の旅
■07’ 秋の旅
■05’ 秋の旅
-------------
■ おうちで韓食
■ おそとで韓食
-------------
■ 日々の韓国
■ 日々の日本
-------------
∵ ラブ 手仕事
∞ 2坪の畑だより
▲ 富士山登山への道
♀ 10㎞走る女子
以前の記事
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧