カテゴリ:■ おうちで韓食( 45 )
ゆず茶と紅茶のマフィン ♪
e0151851_15152080.jpg

今年のゆず茶を炊く前に、冷凍庫で眠っている去年のゆず茶を
消費しておかなければ・・・と、Recipeを探しました。

甘さを控えて炊いてあるので ”豚肉料理” に使っても
相性が良く、何かと応用が利きます。

e0151851_14343499.jpg

混ぜて焼くだけの簡単Recipe!
”ゆずジャムと紅茶のマフィン” が美味しそうなので、
うだうだの休日・・・”ゆず茶” をジャムの代わりにしてつくりました。

 【 材料 】 ゆず茶 / 紅茶(アールグレイ) / 無塩バター / 薄力粉
       てんさい糖 / 卵 / ベーキングパウダー / クルミ

e0151851_14361069.jpg

室温で柔らかくした無塩バターに、てんさい糖を加えてすり混ぜ・・・
Cream状 になったら溶き卵を ”少しずつ” 加えます。

泡だて器でその都度よく混ぜるのだけど、
卵の分量が多いので ”分離したような状態” になりました! ガーン!!
腕も疲れたので、ハンドミキサーを使うべきだった?!
・・・と後悔。 071.gif

ふるっておいた粉類(薄力粉・ベーキングパウダー・紅茶)を加え、
ゴムべらで粉っぽさが無くなるまでさっくり混ぜます。

e0151851_14441590.jpg

トースター(300W)で5分ほどローストして、
大きめに割っておいたクルミを加えれば生地はできあがり!

170℃のオーブンで30分焼けば完成です。 070.gif
ふわ~っと部屋中にバターの香りが立ちこめてきます。
※ 詳しいRecipe はコチラ!(→Click!)

e0151851_15102350.jpg

「分離させて失敗したかも??」 と心配したけれど、
ちゃんと焼き上がったので気にしなくても良さそうです。(笑)

ミルクティーに ”ラム酒” を1さじばかり・・・秘かに忍ばせ、
大人の楽しみ?! おやつタイムにしました。

一晩寝かすと味がなじむので、残りは明日の朝食に!
[PR]
by hi_nana3 | 2011-12-18 17:23 | ■ おうちで韓食
万願寺とうがらし
e0151851_17504674.jpg

三田に向かう途中 ”道の駅” に立ち寄って、
新鮮野菜をいろいろ買ってきました!
青々とした ”万願寺とうがらし” はずっしりと重たくて、
農家の方が収穫したばかりだと分かります。

見た目は韓国の青唐辛子によく似て辛そうだけれど、
たまのハズレ?!(or 当たり??)を除けば・・・
辛みではなく甘味すら感じる ”京野菜” の唐辛子です。

「さて、どんな風に料理しよう?」
肉厚でかなり大きいので、中に具を詰めたくなりました。


e0151851_18291758.jpge0151851_11371276.jpg 思い浮かぶのは、牛肉!
 ならば、プルコギのfruityな
 ”しょうゆだれ” にしようと、
 レシピ本を開きます。

 金 順子 著
 『たれさえあれば、韓国料理』
 お気に入りの1冊です。
 ← つくり過ぎて大小3瓶にも
 なってしまったのはご愛嬌!
 (笑)


 【 材料 】 100%りんごジュース / 100%パイナップルジュース
       バナナ / 赤ワイン / 三温糖 / 酒 / みりん / 醤油
       うまみ調味料

レシピ本にある材料はこの通り・・・。

e0151851_1605981.jpg

でも、我が家には母が送ってくれた梨がある!
今年は梨が不作なのかな?! 高くてなかなか買えなかったので、
本当にありがた~く食べています。040.gif

この梨とバナナをBlenderでガガガガーっと!
三温糖はてんさい糖に変えて、分量を 3分の2 に減らし、
りんごジュースとうま味調味料は省きました。
あっ!と思い出し、醤油は 「Eマート」 でおまけに貰った
煮物用の ”ジョリムカンジャン” を使います。


e0151851_1683980.jpge0151851_16125029.jpg 沖縄産 黒毛和牛
 (※ 半額シールで¥199
 /100g という破格!)
 薄切り肉を細かく切り、

 ニンニク・すりごま
 ごま油・胡椒・片栗粉

 と、しょうゆだれで
 薄目に味付けしました。
 


カロリーダウンのため、よく水切りした ”木綿豆腐” を
ざっくりと崩して加えれば具材は完成!

e0151851_16165537.jpg

e0151851_1224216.jpg 万願寺とうがらしの中にた~っぷり詰めて、
 グリルで香ばしく焼きます。

 食べる時に 「Chipakoya」 の ”黒ごまにんにく”
 を添えていただきました。
 ・・・ウフッ、自画自賛ながら美味しかった!
 
 万願寺とうがらしの他にも、
 オクラ・茄子・ズッギーニ など買ったので
 甘ずっぱ辛い ”チョ(酢)コチュジャン” で和えます。
 暑い夏にピッタリの味わい! 

e0151851_21514534.jpg

e0151851_16465387.jpg  【 材料 】 コチュジャン / 酢 / 砂糖 / レモン汁

 金 順子-si のレシピは基本のソースをつくっておき、
 メニューごとに醤油やごま油、胡椒など足します。

 崔 智恩-si のレシピではニンニクと粉唐辛子が入り、
 ”サイダーまたはレモン” とありました。← サイダー??

 レシピはつくり手ごとに少しずつ違うもの!
 それが面白くて、どれも似たような ”レシピ本” を
 つい何冊も買い集めてしまうのです。071.gif


e0151851_16524457.jpg

レモンの代わりにおつとめ品の ”黄色い酢橘” を使い、(恥)
野菜とエビを和えてみました。

「う~ん、オクラのネバネバが余分だった・・・。」
粘りが出ないよう、注意しながら
サックリと和えるしかありませんでした。
※ 韓国料理の和え物は、手でしっかり揉み混むのが基本!

”ズッキーニ” との相性が抜群で、一番美味しかったです。
せっかくだから・・・しょうゆだれと
チョコチュジャンがある内にいろいろ試してみよう!
[PR]
by hi_nana3 | 2011-08-25 13:52 | ■ おうちで韓食
秋夕に ”セモリトッ(牛頭餅)”
e0151851_14381124.jpg

暑さ寒さも彼岸まで・・・ん?!
いまだ衣替えもできずに迎えた敬老の日、
家の中でのんびりしながら ”セモリトッ(牛頭餅)” をつくりました。

日本では秋の彼岸といえば ”おはぎ” をつくるように、
韓国の秋夕(チュソク)には ”ソンピョン” という餅をつくるそうです。

せっかく挑戦するなら ”私好みの餅” ということで・・・。
以前から拝見していた 玉川亜紀さんのHP(→Click!) を参考に、
豆類がたくさん入った ”セモリトッ” を選びました。

e0151851_10331736.jpg

e0151851_11141078.gif ガサゴソ、ガサゴソ・・・。
 台所にストックしてあった乾物の豆は、
 黒大豆・小豆・金時豆・青えんどう の4種類!

 前の晩から水に浸しておいて
 それぞれ10~15分ほど下茹でしたら、
 少しの砂糖・塩を加えて煮汁の中で冷まします。
 茹で加減はアルデンテです。

 準備した豆 ↑ の色合いが、まるでブドウ?!
 青えんどうは旬のマスカット?! のように
 綺麗な ”ライムグリーン” に茹で上がりました。


さらに ↑ 冷蔵庫にあった ”松の実” と、
フフッ・・・買ってきた今年 初モノの栗も加えます。070.gif

と、ここまでは順調だったけれど大問題が発生!
”セモリトッ” は一晩水に浸したもち米を粉に挽いてつくるそうで、
日本でも手に入る代用品が ”もち粉” とのこと・・・。
※ 詳しくは玉川亜紀さんのHPにて。(→Click!)

早速、近所のスーパーを梯子するも、
肝心要の ”もち粉” なるものが見付かりません。
そもそも白玉粉・上新粉・もち粉 の違いもよく知らず・・・困った TT

e0151851_1044291.gif

そこで今度は崔智恩さんの本を参考に、
白玉粉と上新粉を 3:2 の割合で混ぜてつくることにしました。

・・・スタート早々、怪しい雰囲気だけれど071.gif
粉類にハチミツを少しずつ混ぜて、両手で擦り合わせます。
さらに、様子を見ながら水も加えてき、
ギュッと軽く握って振っても崩れない状態にしました。

ツブツブの白玉粉がなかなか潰れず、手が痛い~。


e0151851_11152516.gife0151851_11305615.gife0151851_11395472.gif

その粉をふるってサラサラにすると、
砂糖・塩をまぶしておいた豆類と混ぜ合わせます。
・・・あとは、蒸篭で30分ほど蒸すだけ!

ハチミツと ”ブラウンシュガー” を使ったので、
餅がほんのり飴色に仕上がりました。

「味は美味しいんだけどねー。」

e0151851_9532087.gif

お菓子づくりに目分量は禁物!やっぱり失敗でした。
水分が多過ぎたのか?! 冷めても柔らかく固まりません・・・ TT

韓国の伝統餅は素朴な味わいで種類も多く、大好きです。
玉川亜紀さんの教室にも行ってみたいし、
いつかきっと ”もち粉” でリベンジしなくっちゃ!

明日は ”中秋の名月” です。
[PR]
by hi_nana3 | 2010-09-21 16:56 | ■ おうちで韓食
トロ~リまろやか ”プゴグッ”
e0151851_1252930.gif

楽しみにしていたGWも・・・
あっという間に終わってしまいました TT

まだ冷たい水に素足を浸し、せっせせっせと穴を掘る。
ふと見上げると青い空には ”ひこうき雲”・・・
「あの方もこの方も、今ごろ韓国だな~。」
私は5日間、御近所をうろうろしながら日本で留守番でした。     ↓ しじみとハマグリ?
                                        アニョ、どちらもアサリ!


e0151851_13372435.gife0151851_13374453.gife0151851_13375724.gif
e0151851_13384049.gif

2日目。
家でのんびり過ごしながら ”プゴグッ(干し鱈のスープ)” をつくることに!
目指すは 畏れ多くも 「ムギョドン プゴグッチプ」 です。(笑)

美味しさの秘密は ”牛骨&干し鱈” Wスープのようだけれど、
近所に牛骨を扱っている精肉店はありません。
・・・なので、牛スジ肉とスネ肉を 丸1日煮込んで代用します。

一度 茹でこぼしてから、水を替えて強火でしばらく煮立てると、
灰汁や余分な脂が ワラワラっと浮かんできます。
私、ケチなので・・・沸騰すると つい弱火にしがちだけれど、
完全に灰汁や脂が抜けるまではボコボコ沸かせた方が良いみたい!

牛肉スープには塩・ニンニク・白ネギなど入れずに、
じっくり、じっくり・・・いつしか白濁してトロ~っとしてきます。
煮込んでいる間は、ふわ~っと 部屋中が韓国の ”アノ香り”!
何だか切なくなって思わず目を閉じてみる~。(笑)


e0151851_12525942.gife0151851_11461687.gif e0151851_11405048.gif

さて、韓国で買ってきた干し鱈は 細く裂かれた ”ファンテ(プゴ?)” です。
レシピによっては 「水でさっと戻して、細かく裂く・・・。」 とあったけれど、
長い時間 煮込むつもりなので そのまま使います。

e0151851_1139282.gif

ゴマ油を軽~く揉み込んでから中火で炒め、
水を注いで・・・コトコト1時間ほど煮出しました。
その時、一緒に煮込むのが ”春大根”!
スープの具ではなく ”ダシ” の役目なのが面白いところです。

干し鱈を煮出している間は ”香ばしい香り” が漂って、
・・・自ずと期待が高まります。
こちらも塩・ニンニク・白ネギなどは入れませんでした。

e0151851_121953.gif

e0151851_12313061.gif 2日目にようやく ”プゴグッ” の仕上げです。
 トゥッペギに牛スネ肉・ファンテ・大根・白ネギ・豆腐を盛り、
 ”牛肉&干し鱈” のWスープを注いで・・・
 グラグラっと沸かせれば出来あがり!

 結局、ニンニク・ゴマ油を加えるタイミングが無くて、
 滋味深く優しい味わいに仕上がりました。
 韓国式に食べながら塩とコショウで味を調えます。

 熱いうちに雑穀米と白菜キムチも混ぜて
 クッパにしていただきました。
 コレがびっくりするほど美味しい!


自画自賛で恥ずかしいけれど、
「韓国で食べているみたい・・・TT」 なんて感動するほどっ!

スープに白菜キムチを入れると、
ぐっと味わい深くなって素味よりも断然、美味しくなりました。
コラーゲンもたっぷりで トロ~リまろやか、
冷蔵庫に ”ファンテ” がある限り・・・
しばらく何度もつくり続けることになりそうです。(笑)

韓国に行かれた皆さん、旅はいかがでしたか?
あっちこっちBlogを楽しみに拝見します! 
  
[PR]
by hi_nana3 | 2010-05-06 18:09 | ■ おうちで韓食
海鮮たっぷりの ”タルレ(ノビル)ジョン”
e0151851_143403.gif

  コチュジャン  大さじ1
  赤味噌     大さじ1弱
  醤油       大さじ1/2
  酢        大さじ2
  砂糖       小さじ1
  こしょう     少々  
  オイスターソース     小さじ1
  すりごま・ゴマ油      大さじ1 ※たっぷり!
  ※ 白ネギ / 生姜 / ニンニク / 粉唐辛子   適宜

お気に入りの ”薬念(ヤンニョム)ジャン” です。
砂糖や酢、醤油の分量を増やしたり、減らしたりして・・・
ポッサムやチヂミ、和え物などオールマイティーに使っています。

ドレッシングボトルに入れて、ジャカジャカっと振れば簡単です。
 ・赤味噌・醤油・酢を少なめに (小さじ1/2 もしくは入れない)
 ・砂糖 → ハチミツ 大さじ2
 ・オイスターソース → イワシエキス(キムチづくりに使うエキス) 大さじ2
に変えると、美味しい韓国風ドレッシングにもなります。
(崔 智恩san のレシピ本を参考に!)

いつも目分量でつくっているので・・・好みで調節してください。
オリジナルの ”薬念(ヤンニョム)ジャン” ができます!


e0151851_14343081.gife0151851_14343954.gife0151851_14344830.gif
e0151851_1435435.gife0151851_14351732.gife0151851_14352630.gif

トモエ先生の畑から 春たまねぎ・あさつき・ノビル をいただいて、
海鮮たっぷりの ”タルレ(ノビル)ジョン” をつくりました。
アサリの蒸し汁で生地を溶くと、旨みも倍増~!

生地を少なめにすると 少しはカロリーを控えられるので、
野菜や具材を沢山入れて ”メインディッシュ” としていただきます。

【材料】 生地 : 薄力粉 1カップ / 上新粉 1カップ / 玉子 1個
          アサリの蒸し汁 1カップ / 塩 少々

e0151851_14354982.gif

同じく 春たまねぎ・あさつき・ノビル と春ダイコンで
”カットゥギ” も仕込みました。
先日訪れた 「福豚」 でいただいた拍子切りのカットゥギが
少し甘めで 食感も良く美味しかったので・・・。

拍子切りにして ”韓国水飴” を薬念(ヤンニョム)に入れてみました。
明後日くらいには熟成するかな?
ふっふっふ・・・サムギョプサル祭りが近い!(笑)

 追記 : 記事を書いた後、いい加減なレシピに不安を感じて
      少し内容を修正しました。ごめんなさい TT
[PR]
by hi_nana3 | 2010-03-24 15:03 | ■ おうちで韓食
母に贈るレシピ!「キンパッ」
e0151851_23381643.gif

毎年、2月の節分を迎えると世間は ”恵方巻き” の話題でモチキリ!
「今年も ”キンパッ” 巻かなくっちゃ!」
      ↑ 酢飯の巻き寿司ではなく、やっぱりコレ。(笑) 
慶州のオモニムに戴いた韓国海苔で ”キンパッ” をつくりました。

 【 材料 】 韓国海苔 / 白米 / いりごま / ゴマ油
        牛肉 (下味: 白ネギ・ニンニク・すりごま・砂糖・醤油・ゴマ油)
        たくあん / 人参 / ホウレン草 / ツナ / カニカマ / 卵
        砂糖 / 醤油 / 塩 / ゴマ油 / 胡椒


e0151851_234694.gife0151851_23385858.gife0151851_23442616.gif

① 牛肉にプルコギと同じような下味をつけておきます。
   今回は ”国産牛モモステーキ用” が 298円/100g だったので、
   ミンチ肉ではなく塊肉を ”細切り” にして使いました。
   牛肉は ”キンパッ” の味の決め手!
   少しだけ良い肉を使って、美味しく味付けすることをお薦めします。
   ・・・ちなみに、他の具材を全て調理した最後に炒めると、
   途中で ”フライパンを洗う手間” が省けて楽ちんです。

② 卵は塩と胡椒で味付けしたら ”厚めの卵焼き” をつくります。
   あらかじめ熱した ”小さなフライパン” に一気に流し込み、
   フタをして中火弱でじっくり両面を焼きました。
   四角い ”卵焼き用のフライパン” があればBest!

③ふつうの硬さに白飯を炊きます。
   炊きあがったら 塩、いりごま、ゴマ油を混ぜて保温しておきます。
   熱々だと水蒸気で海苔が溶けてしまうので、
   具材の用意をする間、濡れ布巾を掛けて冷ましました。

e0151851_054525.gif

④ ホウレン草と人参のナムルをつくります。
   ホウレン草は茹でて 砂糖、醤油、すりごま、ゴマ油で和え、
   人参は長めの千切りにしてゴマ油で炒め、塩で味付けします。
    ↑ すぐに火が通るので要注意!
   ニンニクは、ほんのり香る程度が良いかな~?
   ナムルには加えず、牛肉の下味だけに入れました。

⑤ ツナ缶(ノンオイル)の水分を切っておきます。
⑥ たくあんは1㎝弱の太さに切ります。
   たくあんも ”キンパッ” の味の決め手です!
   添加物も気になるので、農協のスーパーに行って
   農家のおばちゃん手づくりの ”無添加たくあん” を買いました。
   コリッという歯応えがアクセントになるので、
   太さにもこだわりが必要!細過ぎず、太過ぎず・・・難しい~。

以上で具材の準備は完了!
さてと・・・、オモニムに戴いた韓国海苔を試食してみます。
日本の海苔よりも小さめの17㎝×25㎝の長方形で 厚みも薄く、
油分も塩気も控えめで パリッと、とっても美味しい!
「オモニム、コマウォヨ~。」

e0151851_08790.gif

e0151851_2353064.gif ・・・で、ここからが本番!
 ・ホウレン草 + 人参 + 玉子 + たくあん + 牛肉
 ・        〃        + ツナ + カニカマ
 2種類の組み合わせで巻くことにします。

 いつも悩むのが白飯の量と具材のバランスです。
 初心者なので 「キムガネ」 のような太巻きは難しい!
 ”白飯少なめ&具材多め” の中巻きを目指して、
 手前半分に ”海苔が隠れる程度” の白飯を載せました。
 欲張ると失敗するので、←いつも。(笑)
 具材も努めて ”少なめ” を意識して載せます。


e0151851_2341124.gif

「ウフッ、なかなか上手く巻けたんじゃない?」
今回は上出来だったので、母に報告できます。(笑)
とはいえ、中巻きが9本!明日の夕食まで ”キンパッ” だな・・・。
[PR]
by hi_nana3 | 2010-02-15 21:49 | ■ おうちで韓食
嬉しきかな ”モチ地獄”!
e0151851_8304945.gif

気ままに炊いた小豆で ”韓国風汁粉” をつくりました。
小豆と米を一緒に煮込む ”タンパッチュク(甘いアズキ粥)” ではなく、
レシピ本にあった ”韓国風汁粉” です。

日本の汁粉とつくり方は同じで ”こし餡” を溶いてつくるのだけれど、
甘味は控えて塩気を利かし、片栗粉でトロミをつけます。
タカキビの焼き餅の上に 栗、銀杏、ゴマ、なつめ、シナモン、
さらに ”つぶ餡党” なので小豆も片隅に盛りました。

「えっ、銀杏?シナモン?」
心なしか不安を感じた素材も相性はバッチリ!
銀杏の苦み、シナモンの香りと辛み、なつめの甘酸っぱさ、ゴマの香ばしさ・・・
一口ごとに変化する味わいが美味しく楽しめました。
冷凍庫に餅が眠っているなら、コレ お薦めです。

e0151851_11301035.gif

何を隠そう大の餅好きな私・・・
ただ今、我が家の冷凍庫の半分は ”モチ” が占めております。

正月に帰省すると毎年のように冷凍庫はこの状態!
自家製の白餅、「好きだろうと思って買っておいた!」 という雑穀の餅、
京都で和菓子屋をしている親戚が送ってくれたヨモギの餅・・・
それはそれは ”沢山の餅” を土産に持たせてくれるのです。(笑)

e0151851_8403978.gif

e0151851_11423439.gif 雑煮、きな粉餅、鍋の〆・・・
 それだけではちょっと芸が無いよな~。

 そこで先日、静岡の物産品店 「駿府楽市」 で買った
 『甘味処の抹茶(グリーンティー)』 でひと手間!
 タカキビの焼き餅 に小豆と栗をのせて、
 ほろ苦い ”宇治抹茶ぜんざい” にしてみました。
 純粋な抹茶だともっと美味しいのかも?

 いやはや正月太りから脱却できない私・・・。
 原因はきっとコレ、”モチ” だな。
[PR]
by hi_nana3 | 2010-01-25 16:42 | ■ おうちで韓食
”モグァ(花梨)茶” 第2弾!
e0151851_14541372.gif

最近、JAのスーパーにはまっています・・・そう、農協です。
農家から直接出荷される新鮮な野菜や、おばちゃん手づくりのおはぎ、
土の香りがする珍しい野菜たちが 何とも面白くて。

去年の12月、のど飴のパッケージのような 真っ黄色のカリンを発見!
”モグァ(花梨)茶” 第2弾をつくることにしました。

さっそくレシピを検索すると、あるある!(嬉)
どうせなら私好みの ”オリジナルブレンド” にしてみようということで、
カラダをぽかぽかと温めてくれる ”生姜” も一緒に漬け込んでみます。

 カリン + 生姜 = 真冬にピッタリの ”モグァ(花梨)茶” ・・・になるハズ。


e0151851_14544535.gife0151851_14545648.gife0151851_14561326.gif

伝統韓国茶の一つ ”センガン(生姜)茶” のレシピを参考に、ひと茹でします。
鍋に水と生姜を入れて火にかけ、沸騰したらカリンも丸ごとサッと湯に通して・・・
すぐに取り出しました。※湯は捨てます。

続いて保存ビンも煮沸消毒!
グラグラと沸き立つ湯の中に入れて5分ほど・・・この時間が好きです。
風呂上りのようにシャキッとした保存ビンは、何だかカッコイイ。(笑)

e0151851_14572954.gif

今回は主役のカリンも、小さくカットしてみます。
第1弾ではタテに8等分して漬けた後、取り出してカットしたけれど・・・
何か違いは生まれるのかしら??

数ヶ月前につくった ”モグァ(花梨)茶”→(Click!) はグラニュー糖をつかったので、
かなりサッパリした飲み口に仕上がりました。
でも・・・何となく物足りない。
そこで ”ハチミツ” に漬け込んでみます。

さすがに ”国産ハチミツ” は高価で手がでません・・・そこで。
(社)全国はちみつ公正取引協議会 が ”100%純粋はちみつ” として認める
”公正マーク” のついた輸入ハチミツを用意しました。
中国とアルゼンチン産の アカシア・レンゲ・菜種 をブレンドした、
コクがあって風味豊かなハチミツです。


e0151851_1457541.gife0151851_14582677.gife0151851_14584012.gif

さらに大冒険をしてみます!
ジンジャーエールをイメージして、家中のスパイスを小瓶の中へ・・・。
※なつめは冷蔵庫に残っていたので 彩りに入れました。
紅茶で割ってホットドリンクにする予定だけれど、失敗したら?
その時は ”料理の隠し味” に使います。(笑)

 カリン + 生姜 + シナモン + 黒コショウ + なつめ = 大丈夫かしら?

e0151851_1513189.gif

トロトロッとハチミツを注ぎ、冷蔵庫で2週間ほど寝かせます。
すぐにカリンや生姜から水分が出て、ハチミツはサラサラ~
プクプクと泡が浮き上がって、つい微笑みながら眺めてしまいます。

とっても簡単!2週間後、また一つ楽しみが増えました。

e0151851_14593362.gif

[PR]
by hi_nana3 | 2010-01-09 10:37 | ■ おうちで韓食
叔母も絶賛!”生(セン)マッコリ”
e0151851_704523.gif

韓国Love!なら当然、マッコリLove?
私の周辺にいる女性陣の間では ”一大ブーム” となっています。
先日書いた 「失敗・・・チムダク」 の片隅に登場してます↓気付きました?
遥々、韓国から買ってきました ”生(セン)マッコリ” です。

「マッコリ好きの叔母 ”mi-chan” にどうしても買って帰りたい!」
 ↑ ・・・ほぉ~それだけ?怪しい。(笑)
ということで、韓国の情報ツウ ”mina-si” に相談すると
即答で ”生マッコリ” を教えてくれました。

そもそも ”生マッコリ” は加熱処理を施さないので、
10℃以下に冷蔵保存しても 賞味期限は10日余りという短さです。
生きた酵母が発酵を続けることで味を変えてしまい、
その爽やかな風味とコクは、生産地域でしか味わえませんでした。
ゆえに韓国国内でも流通が難しかったのです。

しかし・・・技術は発展するもの!
酵母の活性化を調節する 発酵制御技術と冷蔵流通システムが
改良されたことで、賞味期限が30日まで延びました。
今年、韓国でも販売が始まると ”マッコリブーム” にのって、
販売開始100日間で売り上げたのは なんと100万本!
2009年上半期の ”大ヒット商品” だそうです。


e0151851_7101050.gif さて、普通のマッコリと大きく違う点は?
 何といっても ”炭酸のシュワシュワ感” です!
 後から炭酸を注ぎ込むのではなく、
 シャンパンのように発酵過程で生まれる炭酸なので、
 特有の苦みや清涼感を安心して楽しめます。

 ・・・しかも!「Eマート」 で衝撃の1,100Wでした。
 既に叔母には暴露済み*ということで
 大きな声で言っちゃいますけど、
 『麹醇堂 生(セン)マッコリ』 750mlのPET が
 驚きの1,100W=およそ100円です!



普通のマッコリと違って ”生マッコリ” は10℃以下に要冷蔵なので、
冷蔵コーナーにビールなどと並んで置いてあります。
ただ、数種類の銘柄から選べるのかと期待していたこともあって、
『麹醇堂 生(セン)マッコリ』 1種類しか無かったのは残念でした・・・。

とはいえ、”生マッコリ” を見付けられたことに上機嫌!
叔母の土産用と ちゃっかり自分用、2本をカゴに入れました。
早速レジに向かうものの、どうも不安になって Uターン!
冷蔵コーナーの前まで戻ってもう一度値札を見直すことに・・・。
やっぱり1,100Wでした。←小心者の性です。(笑) 
 
e0151851_9513358.gif

それでもって更に驚きだったのが、
『麹醇堂 生(セン)マッコリ』 ・・・なんと日本で買えます!
韓国食材などを幅広く扱っている 「韓国広場」 の実店舗だけでなく、
通信販売でも購入が可能です。

さらに 「株式会社BSJ (百歳酒ジャパン)」 は 阪急阪神百貨店、
全国のJUSCOなど、あちらこちらに販売網を持っています。 コチラ→(Click!)

 ”2009年11月、満を持して日本に初上陸!”
ということなので ”生マッコリブーム” が巻き起こるかも~。
しかも銘柄がもっと増えるかも~!楽しみです。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-12-16 12:14 | ■ おうちで韓食
失敗しました・・・。”チムダク”
e0151851_2313251.gif

韓国を旅して帰ると、しばらくの間 ”唐辛子の辛さ” が無くては、
食生活が何だか物足りなく感じます。
・・・そこで、さっそく ”チムダク” をつくってみました。

『一週間が心強い生活料理 キム・レウォンがつくるごちそう 』 のレシピを参考に、
近所のスーパーで入手できる材料で挑戦です!

 【 材料 】 鶏の手羽先 / 玉ねぎ / 人参 / ジャガイモ / 長ネギ / チンゲン菜
        ニンニク / 生姜 / タンミョン(韓国春雨) / トッポッキ
        赤味噌 / コチュジャン / 韓国水飴 / 砂糖 / 料理酒 / 醤油
        粉唐辛子 / 鷹の爪 / ごま油 / いりごま / 胡椒


e0151851_23311628.gife0151851_23134323.gife0151851_23135220.gif

野菜はゴロンと大きめに切って・・・
粉唐辛子をタップリ入れる代わりに、甘味料もちょっと多めにします。

日本にある韓国食材店で 「高いな~!」 と思ってしまうのが ”トッポッキ”!
韓国に行くとスーパーで必ず買って帰ります。
要冷蔵で賞味期限も1ヶ月弱なので ホテルでは冷蔵庫に入れておき、
最終日は常温(鞄の中)で持ち歩くけれど・・・特に問題ありません。

意外にも 「ロッテマート」 には ”1種類(PB商品)” しか置いていないのに、
今回訪れた 「Eマート」 には5種類くらいありました。
”トッポッキ” の前で、いつまでも品定めする私に見兼ねたのかな?(笑)
「これが一番美味しいわよ!」 試食販売のアジュンマが教えてくれたのが、コレ↑。

『CJ第一製糖 米トッポッキ餅』 はモッチリ、しっとりとした食感が確かに美味しいです。
日本で買うと600円くらいするけれど 360g入りで1,380Wという安さっ!
それでも他の商品より割高(数十円の話ですが・・・。)、次もコレにします。


e0151851_23141982.gife0151851_2314279.gife0151851_23143645.gif

さて、基本的に食べ物に関して好き嫌いナシ!だけれど、唯一?
苦手とするのが ”鶏肉の皮” です。
揚げたり 焼いたりしてパリッとしていれば辛うじてセーフかな・・・?
煮物など ”ぷるんっとした食感” は完全にOUT!

という訳で、レシピ本に 「これは良い!」 調理テクニックがありました。
少しばかり手間だけれど 鶏肉を 20分ほど強火で茹でて脂抜きし、
一度しっかり焼き目をつけてから煮込むという ”かくし技” です。
脂の多い手羽先もギトつかず、胃にも優しい ”あっさり味” に仕上がりました。

では何が失敗だったかというと・・・
①ジャガイモが溶けて、スープが濁った。
②ヤンニョムがやっぱり違う。黒味噌なのかな?
③大好きなタンミョンを、又しても入れ過ぎた。(毎度のことなのに!)

①はメークインを使い、軽く炒めてから最後に投入しても崩れました。
↑解決策、教えて欲しいです。
明らかに ”食い意地” によって失敗したのが③!
タンミョンの ”スープを吸う力” は想像以上なので要注意です。

くぅー、リベンジせねば・・・。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-12-14 23:58 | ■ おうちで韓食



始まりは、         HomeStay@慶州     今では韓国旅に夢中です♪♪
by nana
Profile
・趣味
  料理、旅行
・渡韓歴 
  05’秋~11’秋まで
  計9回
     
 *。.:* 今日も *:.。*
  遊びに来てくれて
     ありがとう!





ソウルの旅行情報

ブログパーツ
カテゴリ
全体
■ ご挨拶
■ Homestay 1日目
├ 2日目
├ 3日目
├ 4日目
├ 5日目
├ 6日目
├ 7日目
├ 8日目
├ 帰国したその後
└ Homestay Korea
★BlogKorea!Camp!
★Jeju Supporters!
■11’ 秋の旅
■11’ 新春の旅
■10’ 秋の旅
■10’ 初夏の旅
■09’ 秋の旅
■09’ 春の旅
■07’ 秋の旅
■05’ 秋の旅
-------------
■ おうちで韓食
■ おそとで韓食
-------------
■ 日々の韓国
■ 日々の日本
-------------
∵ ラブ 手仕事
∞ 2坪の畑だより
▲ 富士山登山への道
♀ 10㎞走る女子
以前の記事
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧