カテゴリ:■09’ 春の旅( 52 )
「チョンガ(宗家)チプ」 のポギキムチ
e0151851_942419.gif

4度目の韓国旅行にして初めて買って帰ったモノ・・・キムチです。
最終日はあいにくの雨!ホテルから一番近い 「ロッテ百貨店」 で、
大好きな ”デパ地下探索” を楽しみました。

キムチ売り場には沢山のメーカーがあって品揃えも豊富、
それぞれに日本語が上手な販売員がいてくれて、試食もOKです。
「どうぞ食べてみてください。このキムチは・・・。」
試食をすれば、かなり強く引き止められるけれど ココは私も強気!
自分の舌に合う ”一番美味しいキムチ” を探しました。

どのメーカーも厳選素材で無添加!行ったり来たりしながら吟味して
選んだのは・・・『チョンガ(宗家)チプ ポギキムチ』 です。
塩辛が多目?旨みにキレがあるので 浅漬けでもあっさり食べられるし、
熟成しても美味しいハズ・・・たぶん(笑)。
百貨店で売られているキムチは生産直後のものが多いので、
1ヶ月くらいは楽しめるのが嬉しいところ!思い切って2㎏買いました。

e0151851_82526100.gif 「チョンガチプ」 は韓国シェアNo.1!なのだそう。
 日本や世界各国に輸出もする大手メーカーで、
 『スンチャン(淳昌) コチュジャン』 も製造しています。
 パッケージを見ると ”国産” の文字があっちこっちに・・・
 韓国の主婦も ”産地” に敏感になっているようです。

  塩漬け白菜68.1%[白菜(国産)] / 大根(国産)
  唐辛子(国産) / 中部地方式キムチ薬味[カタクチイワシ
  の塩辛(国産) / アミの塩辛(国産) / 昆布(国産)]
  ニンニク(国産) / 生姜(国産) / 長ネギ(国産)
  玉ねぎ(国産) / ニラ(国産) / 精製塩(国産)


価格は 2㎏で12,000W(特売価格。ロッテーマートよりオトク*)!
手荷物で機内に持ち込んでも、ラップでぐるぐる巻きにしてもらったので
臭いも液漏れもなく 無事に持ち帰れました・・・ホッ、ひと安心。

ただ帰国から4日後、はち切れんばかりに膨らんだ袋を開けると、
「うぅっ!!こんなにニンニク臭かった??」
韓国で麻痺していた鼻も ”日本仕様” に戻ったようで、
激しい臭いには白旗、御手上げ!参りました。

発酵を待ちながら1ヶ月間、冷蔵庫から漂う匂いには苦笑だったけれど、
2週間が過ぎる頃から ”劇的な美味しさ” に酔いしれました。
炊き立ての白ごはん+キムチと韓国海苔、納豆+キムチ+卵黄、
豚キムチにポッサム、キムチチゲ・・・。

あれから2ヶ月・・・
「スーパーのキムチ、何だか物足りないなぁ・・・。」
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-23 09:58 | ■09’ 春の旅
「世界最優秀空港」 での4時間半!
e0151851_12415811.gif

世界177ヵ国・1679の空港が加盟する 『ACI(国際空港評議会)』 は、
チェックインから搭乗まで 34項目のアンケートをもとに利用客の満足度を評価して、
格付けとなる 「空港ランキング」 を毎年、部門別に発表しています。
”2008年度版” の総合評価部門で 4年連続の 「世界最優秀空港賞」 に
輝いたのが韓国の 「仁川国際空港」です。

母と妹が搭乗した飛行機を見送り、出発までなんと4時間半!
チェックイン開始時間も ”出発の2時間前” からなので荷物も預けられず、
仁川の街への冒険も諦めて、空港で時間を潰すことにしました。

まずは・・・大きな荷物を片手に 「PASCUCCI」 で ”Tea Latte” を注文!
読みかけだった 『まほろ駅前多田便利軒~三浦しをん 』 の世界にドップリ浸かり、
”ちっぽけな幸せ” に時折涙しながら2時間半が過ぎました。


e0151851_1242117.gif チェックインと出国手続きを済ませて身軽になると、
 「韓国伝統文化センター」 に立ち寄りました。
 免税店の並びにあるので 韓紙工芸や木工芸づくりを
 気軽に体験できます・・・しかも無料で!

 ”簡単手づくりキット” が配られると、目がキラリッ*
 童心にかえって黙々と手を動かしました。
 隣の欧米人グループも、妙な?ハイテンションで
 とっても楽しそう・・・「国民性が出てるなぁ(笑)。」

 ミニチュアの ”書案(書斎で使う小机)” は、
 初心者でも 20分程度でつくれました。

e0151851_12422657.gif ちっぽけなモノでも、自分の手でつくったから?なのか、
 愛着が湧いてずっと手元に置いています。
 その他にも空港内には、韓服の試着などを体験できる
 「韓国伝統文化体験館」 もあるのだそう・・・
 最後の最後まで楽しませてくれる工夫には脱帽です。

 残りの1時間は、まんまと術中に陥って?
 関空やセントレア空港とは比較にならない規模の
 免税店を歩き回ったのでした。(笑)

 これが ”顧客満足度No.1!” の実力でしょうか?
 
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-22 11:41 | ■09’ 春の旅
「カトリック明洞大教会」 の美しい大聖堂*
e0151851_6251530.gif

重い扉を静かに閉めると ”明洞の街の雑踏” とはまるで別世界・・・
ぴんと張り詰めた空気に、思わず息を呑むほど静寂に包まれています。
コツ、コツ・・・靴音が響かないよう 足先に力を入れて進み、
そっと長椅子に座って深く息を吸い込むと、ようやく緊張が解けました。

「カトリック明洞大教会」 は韓国で最初につくられたカトリック教会で、
信徒にとっても ”象徴的な存在” なのだそうです。
ずっと外装工事中だったので、ゴシック様式の美しい姿を拝むのは初めてでした。


e0151851_12152341.gife0151851_12264357.gife0151851_12155976.gif

三廊式のラテン十字架プランに、天に向かって伸びる高さ 45mの鐘塔、
尖頭アーチの窓、リヴ・ヴォールトの天井、美しいステンドグラス・・・
パリのノートル・ダム大聖堂に代表される ”ゴシック様式” を模造しています。
フランス人司祭が建設を指揮監督したとあって、かなり本格的です!

e0151851_12121922.gif

e0151851_10183155.gif ”尖頭アーチ形” の大きなアーケードと小さな高窓が
 折り重なるように視界いっぱいに溢れると・・・
 思わず天を仰ぎ見て、自分自身も上に向かって
 摘まれるような感覚を覚えます。

 「いかに ”天(=神の国)” を意識させるか・・・。」
 教会建築の ”永遠のテーマ” かもしれません。

 パイプオルガンの演奏が始まったので、
 心静かにもう少しだけお邪魔することにしました。
 「聖ベネディクト像」 の上には ”小さなバラ窓” もあります。
 無宗教の私も思わず・・・両手を合わせました(恥)。

e0151851_12164556.gif

平日の午前中、あれこれと忙しい時間帯にもかかわらず、
地下聖堂で行われるミサには、多くの信徒が参列していました。
「・・・さてと、ホテルに戻ってcheck-out しますか?」
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-21 11:17 | ■09’ 春の旅
「大学路キムガネ」 のモドゥムキンパッ
e0151851_11323257.gif

ソウルの街を歩いていると、両手に透明のポリ手袋を嵌めて
素早い手さばきで ”キンパッ” を巻く姿を よく見かけます。

 ほうれん草 / 人参 / ハム / たくあん / カニカマ / 薄い薩摩揚げ
 ぜんまい / 厚焼き玉子 / エゴマの葉・・・
 ※これらが基本で、さらに牛肉、ツナ、チーズ、キムチなどが
  追加されるから驚き!です。

ガラス越しにジーッと見ていると、”キンパッ(韓国海苔巻き)” は具材がたっぷり
なのに巻き簾も使わず、両手でギュッギュッと器用に巻いていきます。
たとえ海苔が破れても、アジュンマはちょっと嫌な顔をするだけで・・・(笑)、
別の海苔に米粒をつけて綺麗に修復する ”職人の技” もありました。


e0151851_11325582.gife0151851_11331817.gife0151851_11335914.gif

09’春の旅もいよいよ残り僅か、朝から雨がシトシト・・・
「ホテルの近場で何かないかな?」 あまり期待もせず向かったのは、
明洞の路地にある 「大学路キムガネ」 です。
小ぢんまりとした店内は、地元の人や日本人観光客で賑わっていました。

ファミリーレストランのような大きなメニューには、”キンパッ” だけでも10種類!
オムライス、ピビンパッ、ラーメン、トッポッキなど何でもあります。
しかも基本の ”キムガネキンパッ” は 2,500W、具材が全部入った太巻きの
”モドゥムキンパッ” でさえ 3,500Wという驚きの安さです!
さらに今まで食べたキンパッの中でも一番美味しい!となれば・・・。

e0151851_11341975.gif

その日の夕方も買いに行くと、店内は残業前のサラリーマンやOLで大混雑!
出前の電話が次々と鳴り、店の人気ぶりが窺えます。
”ラポッキ(ラーメン+トッポッキ)” と一緒にホテルに持ち帰って
長旅の疲れが出た妹と、母の3人で食べました。

さらに翌日の昼間にも買いに行くと、さすがに顔を覚えられた?のか、
とびきりの笑顔で迎えられました・・・(恥)。
空港での待ち時間に名残を惜しみながら、3人でモグモグ頬張りました。

母は、先日電話で話したときも 「”キンパッ” が食べたい~;;。」 と嘆くほど、
”具沢山の海苔巻き” を心底気に入ってしまったようです。
最後に また1軒、”外せない店” ができました。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-20 10:03 | ■09’ 春の旅
韓国の人たちは ”上手過ぎ” です!
e0151851_10254160.gif

”明洞の繁華街” を妹と二人で散歩して メトロホテルの前まで戻ると・・・
向かいのビルの小さな ”空きスペース” に テーブルと椅子が並べられ、
即席の ”ビアガーデン” が出来上がっていました。

「何が始まるんだろう?」
しばらく部屋に入らず 注目していると、大音響でライブが始まりました。
~♪Grover Washington Jr. の名曲 『Just the two of us』 ~♪
お粗末なビアガーデンには勿体ない、驚きの歌唱力です!
「うわぁ・・・涙出そう。」
母にもこの歌声を聴かせたくて、妹を部屋まで走らせました。

周りにはベンチも座れそうな場所も無く、ゆっくり歌を聴きたいなら
目の前に並べられた椅子に座るしかありません。
ビアガーデンとは知らず、ふらっと ”椅子” に座った人も
システムを知らされ、歌声に満足してビールを注文!
なるほど、上手い商売です。

通り掛かる多くの人が足を止め、仕事中であろうホテルのドアマン、
「たばこ吸って来る。」 と抜け出してきたであろう食堂のコック・・・
”心をギュッと摑む歌声” は 建物から人々を引っ張り出してくるほど、
R&B、K-POP、JAZZ・・・すべてが感動モノ;;でした。


e0151851_10255653.gif 平日、夕暮れ時の明洞の街・・・
 「繁華街とはいえ、銀行やオフィスも多いこの辺りで、
  大音響のライブは無謀では?」
 歌声に酔い痴れながらも 不安になります。
 
 案の定20分後、数人の私服警官が駆け付けると
 ビアガーデンの責任者が呼ばれて、数分後には撤収!
 瞬く間に ”感動のライブ” は幕を閉じました。
 
 警官を横目に ”あきらめ顔” で歌った迫力の一曲、
 お酒を飲みながら?(笑) きちんと聴けるような店が
 どこかにあるのなら、行ってみたいなぁ・・・。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-18 10:26 | ■09’ 春の旅
「BIZEUN / ピジュン」 の黒ゴマ&ナッツチャルトッ
e0151851_1223489.gif

明洞の街は、すっかり慣れたモノ・・・庭のように 手ぶらで何度も歩き回りました。
ホテルに向かう度に5人の足が止まったのが、「BIZEUN / ピジュン」 です。
綺麗に箱詰めされた ”伝統餅” はカラフルで種類も豊富、
ハートのモチーフやケーキが可愛いくて、女心をギュッと摑まれました。

韓国の冠婚葬祭には欠かせない ”トッ(餅)” は、もち米で作るチャルトッ、
うるち米を蒸して作るソルギ、マッコリで発酵させるジュンピョン、ヤクシッ・・・
その種類は名前だけでも70~80種類あるのだそうです。


e0151851_1225058.gife0151851_8353899.gife0151851_8375471.gif

明洞店は1階で餅を買って、2階のカフェで伝統茶と一緒に食べることもできます。
仁寺洞店はかなりお洒落なようだけれど、明洞店のカフェはカジュアルな雰囲気!
若い女の子が教科書とノートを開いて勉強したりもしていました。
夜も遅いので餅はホテルに持ち帰って、伝統茶でほっこり・・・。

「”シナモン茶” がすごーく気になるんだけど、美味しいのかなぁ?」
の疑問に応えて、叔母が ”シナモン茶” を注文してくれました。
 ”シナモン + 甘み = ニッキ飴”
「あれっ?美味しい~。」 次から怖気づくことなく注文できます。ヨカッタ!

持ち帰った餅は ”黒米チャルトッ” ”黒ゴマ&ナッツチャルトッ” です。
黒米やナッツがたっぷり入って、もっちりとしたチャルトッは、
甘みがグッと抑えられていて しみじみ美味しい!
ボリュームもあるので数種類しか食べられないのが残念・・・代えの胃袋ください。

この日、昼間には売り切れたという ”エンドウマメのパンチャル蒸し餅” は、
「どうしても食べてみたい・・・。」 という母のリクエストに応えて
後日、昼前に買いに行きました。


e0151851_1233971.gif ”チャルトッ詰め合わせ” は彩りも華やかで、
 韓国土産にピッタリだけれど、日が経つと硬くなるのが
 悲しきかな ”餅の宿命” です。
 韓国餅も ”できたて” が一番美味しい!
 「やっぱり ソウルの街で食べなくっちゃねー。」
 
 ■チャルトッ10個セット
  玄米インジョルミ / 黒ゴマ / 黒ゴマ&ナッツ / ヨモギ
  かぼちゃ / えんどう豆 / ミホン / 黒米
 ※店頭に並んでいるのを詰めてくださるので、
  同じものが2個ってことも・・・。
  季節ごとに素材が変わる?ようなので楽しみです。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-17 10:15 | ■09’ 春の旅
「チョンウォンスンドゥブ」 のキムチスントゥブ
e0151851_12231319.gif

スタイリッシュでお洒落な店内は、超満員でした!
08’秋に行って美味しかった、市庁にある「チョンウォンスンドゥブ」 の支店が
メトロホテルの隣にリニューアル移転Openしています。

韓国に行っても、心底 辛~い料理を食べることが少ないけれど
やっぱり ”真っ赤なスンドゥブ” は辛かったー!(涙)
”キムチスントゥブ” は、日本の韓国食堂で食べる味とは違って
かなり酸味が効いた ”本場の味” です。

市庁の本店と同じように 大豆モヤシや海苔が入った黄金色の器と、
石釜炊きの香ばしい白飯が出てきました。
アルミの *黄金色の軽い輝き* と、店内のシックなインテリアが
何ともアンバランス・・・ でも、こういう韓国らしさが好きです。
そのお陰で?気取らず豪快に混ぜ混ぜできました。(笑)


e0151851_12232716.gife0151851_12234353.gife0151851_12235990.gif

熱々のうちに玉子をパカッと割り入れて まろやかなスープと豆腐を味わい、
白飯を混ぜてクッパにしたり、ピビンパッにしたり・・・。
辛いけれどコクと旨みに誘われて、完食でした!

店内はサラリーマンやOL、観光客が次々と訪れて、熱く活気があります。
”体育会系の店長” も、社員教育やサービス向上には熱心な様子・・・
テーブルをいつも気に掛けていただきました。
「でも・・・ちょっと遠いけれど、市庁の庶民的な雰囲気も捨て難いなぁ。」
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-16 10:12 | ■09’ 春の旅
「韓服 ナレソル」 の夢のような世界!
e0151851_0565959.gif  ”韓国パッチワークのハギレが買えます。”
 鍾路5街駅 7番出口から広蔵市場に向かう途中、
 日本語で書かれた ”小さな貼り紙” を見つけました。
 「ハギレでも、きっと高いんだろうな・・・。」
 草木染のシルクだったけれど、「Gallery Soo」 では
 90㎝×30㎝で15,000W・・・さすがに諦めました。

 帰り道、やっぱり店の前で足が止まります。
 「また花針山をつくりたいし、店の中に入ってみたい!」
 ドキドキしながら・・・勇気を出して扉を押しました。
 壁一面に並んだ色鮮やかなシルクの反物は圧巻!
 思わず息を呑む光景です。

e0151851_0551348.gif

「あの~ポジャギに使うハギレが欲しいのですが・・・。」
「どうぞ、こちらにお掛けください。」
予想に反して流暢な日本語と穏やかな笑顔で、
白髪が素敵な パク・ヨンシンさんが迎え入れてくださいました。
まだドキドキしながらカウンターに座ると、店の奥から きちんと畳まれた
”ハギレの束” を持ってきてくださいます。

ハギレと言っても 90㎝×60㎝ ほどの大きさで、微妙な色合いや種類がたくさん!
粗く透け感が美しいオクサ(玉紗)やノバン(老紡)、絵柄が入った豪華なタン(椴)など
次々と出しては広げてくださり、初心者の私は迷うばかり・・・。

■ELDAR SHAFIR博士 『決定回避の法則』
 ”選択肢が増えすぎると、人はむしろ何も選べなくなる。”

大好きなピンクを中心に、アクセントの紫・紺、反対色のオリーブグリーン、
相性の良い白、華やかなゴールド・・・半分、焦りながら選びました。

■ELDAR SHAFIR博士 『現状維持の法則』
 ”選択肢がひろがると、かえっていつもどおりの物を選んでしまう。”

「どうせなら大きな生地を持っていきなさいよ。これも、これも。」
迷う私に根気良く応対してくださり、10枚+おまけの3枚で20,000W!
申し訳ないような金額で譲ってくださいました。

e0151851_1061745.gif

「韓服 ナレソル」 は、結婚用品や韓服をオーダーメイドでつくる店です。
店内はとにかく華やかで、韓服もモダンで洗練されています。
襟元や袖口に付ける ”美しく繊細な刺繍” や ”ノリゲ(衣装小物)” なども
素敵なものが揃っていて、説明を受けながら感動ひとしきりでした。

ところで、パク・ヨンシンさんの日本語がネイティブな訳は・・・
「私は埼玉で生まれ育ったんですよ。日本にも友人がいますしね。(笑)」
柔和な表情と穏やかな語り口調が その人柄を物語っていて、
まさに ”憧れの女性像” でした。

「日本に行くときは連絡しますよ。(笑)」
名刺をいただき、アドレスを交換して店を後にしました。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-14 11:15 | ■09’ 春の旅
何度でも通いたい 「広蔵市場」。
e0151851_0343620.gif

市場で働く人たちは、みんな本当に仲良しです。
あっちでもこっちでも・・・楽しそうにおしゃべりしながら働く姿に、
素朴で飾り気はないけれど ”人の温かさ” が感じられます。

e0151851_0344725.gif

特に楽しそうだったのがこの惣菜店!
アジュンマが4人も集まったら、話題も尽きることがないだろうな・・・。

e0151851_035114.gif

野菜・豆・肉・魚、伝統餅、粥、料理・・・
どれをとっても、手を掛け 「心」 を込めていることが伝わってきます。
アジュンマというよりは ”みんなのオモニ” なのかも!

e0151851_0351289.gif

07’秋に訪れたときと同じように春の広蔵市場も賑やかで、
店先には韓国の ”食の豊かさ” が溢れかえっていました。
”食を扱う誇り” すら感じる、変わらない姿が嬉しくもあります。
あくまでも ”いつもと変わらない” 昼下がり・・・。
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-13 08:51 | ■09’ 春の旅
「スニネピンデトッ」 のピンデトッ
e0151851_0174082.gif

「また一つ、韓国にしかない ”美味しいモノ” を知ってしまった・・・。」
それは ”口福な瞬間” であると同時に、欲求不満の始まりとなるのです。(笑)

「ソウルでまた行きたい所ってどこ?」
「広蔵市場~!」 即答でみんなの意見が一致しました。
地元のアジュンマ、アジョッシに混じって、日常生活を垣間見るような
独特の雰囲気と面白さが堪らないのです。

広蔵市場の屋台でもすぐに目に付く ”ピンデトッ” は 緑豆を石臼で挽き、
野菜などを混ぜて、多目の油でカリッと焼いたチヂミです。
「前回、どうして ”ピンデトッ” を食べなかったのか、後悔してたのよー。」
通りの屋台で焼かれるのを横目に・・・
叔母の *厳選!旨いものリスト* にある 「スニネピンデトッ」 に向かいました。


e0151851_0181863.gife0151851_0211161.gife0151851_0175616.gif

店先では石臼が絶間なく回り、アジュンマが鉄板で次々と焼き上げていて、
ジュウジュウ、パチパチ・・・香ばしい匂いにそそられます!
店内には数組の地元客が昼間からマッコリの瓶を並べ、
当然のように一杯やっているスーツ姿のアジョッシたちもいました。
「私たちも ”生トンドンジュ” 頼んでみる?」
やる気満々でしたが、大きな甕しかないということで諦めました・・・残念。

ここでも暫く待つと、熱々!焼き立てが運ばれてきました。
表はサクサクッとしていて中はふわっと軽い食感、例えるなら掻き揚げ?
大き目の玉ねぎがゴロッと入った酢醤油につけていただきます。
「うわ~っ!美味しい!」
緑豆の風味が良くて、やっぱりマッコリが合いそうです。

「あぁー食べたくなった・・・(涙)。」
[PR]
by hi_nana3 | 2009-07-10 08:34 | ■09’ 春の旅



始まりは、         HomeStay@慶州     今では韓国旅に夢中です♪♪
by nana
Profile
・趣味
  料理、旅行
・渡韓歴 
  05’秋~11’秋まで
  計9回
     
 *。.:* 今日も *:.。*
  遊びに来てくれて
     ありがとう!





ソウルの旅行情報

ブログパーツ
カテゴリ
全体
■ ご挨拶
■ Homestay 1日目
├ 2日目
├ 3日目
├ 4日目
├ 5日目
├ 6日目
├ 7日目
├ 8日目
├ 帰国したその後
└ Homestay Korea
★BlogKorea!Camp!
★Jeju Supporters!
■11’ 秋の旅
■11’ 新春の旅
■10’ 秋の旅
■10’ 初夏の旅
■09’ 秋の旅
■09’ 春の旅
■07’ 秋の旅
■05’ 秋の旅
-------------
■ おうちで韓食
■ おそとで韓食
-------------
■ 日々の韓国
■ 日々の日本
-------------
∵ ラブ 手仕事
∞ 2坪の畑だより
▲ 富士山登山への道
♀ 10㎞走る女子
以前の記事
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧