カテゴリ:├ 4日目( 17 )
「私たちの妹はノムノムイェッポヨ~。」
e0151851_17403982.gif

アジョッシとアジュンマを見送ったあと、
「昼間に雁鴨池に入場した半券があれば、無料で入場できるわよ!」
オモニムに誘っていただき、雁鴨池の夜景を見に行きました。
地元の人や観光客でごった返す公園内に入ると、
華やかな民族音楽と迫力ある太鼓演奏のコンサートが開かれていました。
漆黒の闇に浮かび上がった "映し鏡の雁鴨池” はとても幻想的で
心地の良い音楽と風に身をまかせ、オモニムと揺られていました。

ところで今回のホームステイで心残りがひとつ。
韓国にも ”笑い声と笑顔が最高に可愛らしい妹” ができたのですが、
試験期間中で、一緒に居られる時間がほとんどありませんでした。
大学の図書館で毎晩11時ごろまで頑張って勉強する妹を
いつもは家で待っていましたが、今夜はオモニムと迎えに行きます。

いたずら好きなオモニムと私は車から降り、妹が出てくるのを隠れて待ちました。
立派な大学図書館は10時でも煌々と明るく、多くの学生が出てきます。
しばらくすると見覚えのある姿が・・・そっと近づき・・・ 「お嬢さん!」
ビクッと驚いた顔にその後の笑顔、本当に可愛い!

オモニムは折に触れ 「イェッポヨ、イェッポヨ~。」 と言ってくれるので、
「だったら、妹はノムノムイェッポヨ~。」 と返していました。
「家族でお互いを褒めあったりして・・・私たちって馬鹿ね~。」
楽しそうに笑うオモニムに、私はおどけて言いました。
「そうかも。私たちは馬鹿ですよ!でも何か問題ありますか~?」


e0151851_17405956.gife0151851_17411215.gife0151851_1746247.gif

[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-06 17:47 | ├ 4日目
喜怒哀楽、私にとっての ”実り”
e0151851_1739425.gif

韓国ドラマをみていると血縁関係をとても重視する国だと感じます。
「宗家の長男の成功が家を支える」 という言葉があるほど、
一族のプライドとしての ”象徴” という格別な意味をも持っているようです。

アジョッシは、許(ホ)氏の本家。
許氏一族にまつわる色々な事柄を決定したり、先祖の供養儀式を司る
”一家門の代表” で、族譜図書館の館長をされています。
族譜とは、1つの氏族の血縁関係を図表式に表した家系図のことです。

「先祖が泣き笑い、一生懸命生きてくれたおかげで今の私がある。」

私もそう思っているので ”単なる血統” という意味の家系ではなく、
「私たちは先祖に感謝しながら自分のため、
そして子孫のためにも今を一生懸命に生きなければならない。」
・・・というアジョッシの考えには共感しました。

e0151851_17445363.gif

アジョッシもアジュンマもおしゃべり好きでとても陽気な方です。
素っ気なかったアジュンマも色んな話をするうちに、ついには
「子どもが欲しいなら、慶州のあそこに連れて行くと授かるらしいわよ。
明日にでも連れて行ってやったらどう?」 とまで心配し、
オモニムに 「それはお節介過ぎるわよ!」 と指摘されていました (笑)。
「心配してくれて有難うございます。」 私はとても嬉しかったです。

そんな中、アジョッシにもお酒がだいぶ入り・・・
「ところで竹島は誰のものだと思うか?」 ついにこの瞬間がきました。

韓国でのホームステイを決めた時から心の準備をしていましたが、
私には歴史認識も韓国語も不十分で、ただ話を聞くしかできませんでした。
困っている私を見てオモニムが助け舟を出してくれ、話は終わりましたが
根深い問題であることは間違いないと実感しました。

少し熱っぽくなった空気も冷め始めたので、
「お腹がいっぱいだと思うんですが、私が買って来たので食べてください。」
そう言って私は ”皇南パン” を勧めてみました。
もう満腹だったはずですが、アジョッシとアジュンマは二人とも笑顔で
「これは美味しい!」 と食べてくださいました。

アボニムもアジョッシも愛煙家ですがオモニムとアジュンマは嫌煙家です。
ぷかぷかとタバコをふかすアボニムとアジョッシに向かって
「体には気をつけてくださいね・・・。」
何気に発した私の一言に、一同は大笑い。私は???。

アジョッシもアジュンマも 「今日は本当に面白かった。楽しかったよ。」
帰り際に、満面の笑顔でそう言って握手をしてくださいました。

喜怒哀楽、私にとって実りの多い一夜でした。
[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-06 17:40 | ├ 4日目
私の人生で一番美味しかった ”太刀魚”
e0151851_1235496.gif

ガイドブックなどで見かけるカルチジョリム (太刀魚の煮付け) ですが
今まで食べたことがなく、魚好きの私は一度食べてみたいと思っていました。
なので数日前、オモニムに 「何が食べたい?」 と聞かれたときには悩むことなく
「カルチジョリムです。」 と答えました。

e0151851_14555911.gif

そうしたら・・・
なんと!慶州の東に位置する ”東海” から、釣りたての太刀魚を持って
アジョッシとアジュンマが車をはるばる走らせ来て下さいました。

しかし、アジュンマの第一印象は・・・何となく私を避けている感じで、
「あなたはそこに座ってらっしゃい。」 と言って一線引かれた気がしました。
くじけずに手元を覗いたり、食器を運んだり、韓国語で話しかけてみます。

「今日はありがとうございます。最近、日本では魚は高価なんですよ・・・。」
「韓国でも太刀魚は高価よ。しかもこんなに新鮮なのはめったに無いわよ!
あなたが食べたがってるって言うからわざわざ仕入れてきたのよ。」
アジュンマに笑みがこぼれ、少しずつ近づけているようで嬉しくなりました。

もう一品はタップリの野菜と一緒にいただく韓国の刺身 ”フェ” です。
わさび醤油も用意して下さいましたが、私の口はすっかり韓国に染まったのか
コチュジャンたっぷりでいただく方が美味しいと思いました。

すべてが美味しいオモニムの料理ですが、めったに砂糖を使いません。
代わりにもち米からつくった、懐かしくて優しい甘さの ”水あめ” を使います。
しかもコクの出る、きび砂糖のような茶色い水あめです。

さっき畑から収穫した枝豆は ”枝豆ご飯” になりました。
圧力鍋で炊いたからか、ほっこり柔らかく、ほのかに甘いご飯でした。


e0151851_12395022.gife0151851_12355748.gife0151851_124035.gif

[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-06 15:23 | ├ 4日目
今朝の野菜炒めが美味しかった ”理由”
e0151851_123689.gif

民泊のお客様も到着され、オモニムも一息ついた頃、
家の裏手にある畑に案内してもらいました。ススキがふわふわと風に揺れています。


e0151851_9392941.gife0151851_9395946.gife0151851_126484.gif

畑には真っ赤な唐辛子と、少し小さめの茄子、枝豆が実っています。
韓国に来て思ったこと、それは 「果物や野菜が日本のものよりずっと甘い!」
ということです。朝晩の寒暖差が大きいせいか、味も甘さも濃いようです。

今朝の野菜炒めが美味しかった理由は、まさにこれでした。
収穫したての野菜をシンプルにいただく・・・本当の贅沢かもしれません。
[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-06 12:19 | ├ 4日目
熱々のお茶に噂の ”皇南パン”
e0151851_17105947.gife0151851_17111344.gife0151851_17143370.gif

大陵苑を後にして信号待ちをしていると、続々と車が駐車場に入り、
手提げ袋を3つも4つも手にした人たちが出てくる店がありました。
看板を見るとここが噂の ”皇南パン” の店です。

とてもお腹が空いていたので、私もふら~っと中に入りました。
店内はとても賑わっていて、20分待ちの状態でしたが
私も用紙に 「20個入りを2つ」 と記入して渡し、椅子に腰掛けます。
カウンターの奥では、20人くらいの職人さんが餡を包んでは
次々と焼き上げて箱に詰め、饅頭は飛ぶように売れていきました。

手提げ袋を2つ受け取り、店を出るとさっそく一ついただきました。
焼きたて熱々ですが、中にはあっさりとしたこし餡がたっぷり入った
とても美味しいお饅頭でした。

アボニムに迎えに来てもらい家に帰ると、オモニムが梨とりんごを
可愛らしくお皿にたくさん剥いてくれました。
「一つ食べちゃったけど・・・お土産です。」
熱いお茶に皇南パンを頬ばりながら、居心地の良い居間に座わって
3人で韓国ドラマを見た昼下がりでした。

e0151851_172095.gif


[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-05 17:56 | ├ 4日目
生まれて初めて見る ”風景”
e0151851_1635328.gif

蓮池の向こうにあるのは、小山がふたつくっついた瓢箪形の古墳です。
この形は夫婦がいっしょに埋葬されていることを意味します。

e0151851_1635176.gif

慶州には生まれて初めて見る ”風景” がありました。
その一つが広大な敷地に23基の古墳が並ぶ大陵苑です。
古墳といっても柔らかな稜線を描く、芝生で覆われた緑の小山です。
心静かに古墳の周りを縫うように歩くと、太古の雄大な世界観を感じられます。


e0151851_16354634.gife0151851_1636053.gife0151851_16361393.gif
[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-05 16:57 | ├ 4日目
暑さ 渇き
e0151851_15541062.gife0151851_1554222.gife0151851_15543497.gif

一方で今にも崩れ落ちそうな石塀であったり、”暑さ” と ”渇き” を感じさせる
コンクリートの無機質な家が、静寂に包まれて何軒も並んでいました。
たわわに実っても収穫されず、木上で熟された柿が象徴しているようでした。
[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-05 16:02 | ├ 4日目
”陰影礼賛” 磨き上げられた床
e0151851_1547523.gif

元々は99間の家だったそうですが、現在は建物全体が中庭を取り囲む
「ロ」 の字形に配置された家屋だけが残っています。


e0151851_1523985.gife0151851_15234433.gife0151851_1528077.gif

中庭には甕がいくつも並べられ、大きな煙突がそびえ立っています。
またよく磨き上げられた黒光りする床には、奥の緑と風景が映りこみ、
”陰影礼賛” 格式高い雰囲気をいまも醸しだしています。


e0151851_1528323.gife0151851_15284251.gife0151851_1548884.gif

[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-05 15:48 | ├ 4日目
格式の高さを感じさせる ”崔氏古宅”
e0151851_1443438.gif

校洞の一角に木造瓦葺の崔氏古宅があり、お邪魔しました。
白木の木材を豪勢に使い、格式の高さを感じさせる崔氏の宗家宅は、
300余年、ここに暮し守ってきた代々家主の誇りすらをも感じさせます。


e0151851_1444478.gife0151851_14442571.gife0151851_14425375.gif

[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-05 15:01 | ├ 4日目
たなびく ”太極旗” と生活の香り
e0151851_17101465.gif

校洞一帯には築300年以上の朝鮮時代の民家が軒を並べています。
木造瓦葺の古家の脇には白菜が植えられ、カラフルな洗濯物がたなびき
今もここで生活が営まれていることを実感します。


e0151851_14183374.gife0151851_14184412.gife0151851_14185398.gif
[PR]
by hi_nana3 | 2008-11-05 14:34 | ├ 4日目



始まりは、         HomeStay@慶州     今では韓国旅に夢中です♪♪
by nana
Profile
・趣味
  料理、旅行
・渡韓歴 
  05’秋~11’秋まで
  計9回
     
 *。.:* 今日も *:.。*
  遊びに来てくれて
     ありがとう!





ソウルの旅行情報

ブログパーツ
カテゴリ
全体
■ ご挨拶
■ Homestay 1日目
├ 2日目
├ 3日目
├ 4日目
├ 5日目
├ 6日目
├ 7日目
├ 8日目
├ 帰国したその後
└ Homestay Korea
★BlogKorea!Camp!
★Jeju Supporters!
■11’ 秋の旅
■11’ 新春の旅
■10’ 秋の旅
■10’ 初夏の旅
■09’ 秋の旅
■09’ 春の旅
■07’ 秋の旅
■05’ 秋の旅
-------------
■ おうちで韓食
■ おそとで韓食
-------------
■ 日々の韓国
■ 日々の日本
-------------
∵ ラブ 手仕事
∞ 2坪の畑だより
▲ 富士山登山への道
♀ 10㎞走る女子
以前の記事
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧